The King Has Donkey Ears

從心底大喊真心話

トランプに慣れてきた?

アメリカ国王の政治への無関心に

周りがだんだん慣れてきたようだ。

 

最近、ロイターやWSJのサイトを見ていると

あんまり「トランプ批判」が載っていない。

だんだんアメリカ国民も世界も

トランプの「君臨すれども統治せず」に

慣れっこになってどうでもよくなってきたようだ。

 

2日ほど前にNHKラジオジャパンの英語ニュースで

民主党のだれかが弾劾動議を出したとか言っていた気がするが、

ほかのメディアでは一切流れなかった。

もちろんそんなもの通るはずもないし、

共和党議員も、適当にトランプにすり寄っていれば

大過ないことがわかってきて、

ぬるま湯状態のようだ。

 

弾劾なんて、来年の中間選挙

民主党が大勝ちしなければ実現しないだろう。

でもバーニー・サンダースもスキャンダルに引っかかったようで、

それももしかしたら望み薄かも。

 

となれば、大統領になるためだったら、

敵国の協力を得ても何の問題もないという既成事実ができる。

私腹を肥やすために大統領になるというのもありだ。

さすが「自由の国」の面目躍如。

 

日本でも中国の協力を得て

中国人の総理大臣が誕生するというのも

そう遠い先の話ではないかもしれない。

(すでにその動きはあったのかもしれない)

 

G20サミット

近々開催されるドイツでのG20サミットで、

トランプがあっと驚くようなことをしでかすような気がしてならない。

 

ヨーロッパを、特にメルケルの面当てに

敵対視して、

中国とロシアと手を組んで

「強者連合」成立を宣言するのではないかと。

 

きっと、世界を分割支配できると

ほくそ笑んでいるだろう。

人生

どっちみち
つまらねぇ男の
くだらねぇ人生なんだから
今ここで終わっちまったからって
誰にも迷惑もかからねえし
悲しむ人もいねぇ

だから

気楽に行こうじゃねぇか

金持ち天国

トランプは政治などする気はさらさらないのだ。

アメリカを滅ぼして

「トランプ王国」に移行することだけが狙いなのだ。

(そうなったとしても、世界で最低レベルの元首であることに

変わりはないのだが)

 

www.nbcnews.com

 

まず手始めに

アングロサクソン以外は入国禁止&国外退去」

「貧乏人は国外退去か奴隷に」

ぐらいが狙いどころだろう。

 

トランプ政権の中枢からなぜ離脱者が出ないのか?

それは「最終戦争」になったときに

核シェルターに入れてもらえる権利を確保するため

それしかない。

 

そして、トランプの再選シナリオは

所得税法人税廃止」

連邦政府縮小あるいは廃止」

それでも国民がなびかなければ

「最終戦争」。

 

これで再選は確実だ。

きっと議会も廃止して

めでたく王政移行となるだろう。

 

アメリカに栄光あれ!

 

けさ

今日、正信偈を唱えている間、

自分が血まみれになって

はらわたも飛び出して

うごめいている姿を想像していた。

 

きっと私は

これくらいのことでは

許してもらえないほどの悪人なのだ

と確信した。

TRUMPISMは誹謗、罵倒、恐喝のみ

7月7、8日にG20サミットが開催されるそうだが、

トランプは途中で帰ってきて

メルケルにこれと同じようなことをするに違いない。

edition.cnn.comそうなったら、

世界のだれもが考えもしなかったところから

戦争が始まるかもしれない。

The Dhammapada 1 - The Pairs-6

There are those who do not realize that one day we all must die.

But those who realize this settle their quarrels.

 

彼人不了悟:「我等將毀滅」。

若彼等知此,則諍論自息。

f:id:kctoyama:20170329171921p:plain