The King Has Donkey Ears

從心底大喊真心話

トランプ節

www.yomiuri.co.jp
これに気付いたのは私が最後ぐらいなんだろうが、
トランプの言動の「言外の意味」がようやくわかった。

要するに「相手をバカにしている」のだ。

「(いいか、世界で唯一賢いオレ様がバカなお前たちに教えてやるのだから、よく聞け)TPPは大災害だ。」

「(いいかバカなお前たちはわからないだろうが)すべて悪いのは中国と日本とメキシコだ。(彼らはバカな悪魔なんだ。サル以下だ)」

「(バカな中国人と日本人とメキシコ人が)アメリカの雇用を奪っている。(だから世界で一番偉大なオレ様が大企業経営者のために)利益を取り戻してやる。(バカな下々の者は少しぐらいはおこぼれを頂戴できるだろうからありがたく思え)」

彼は他人を罵倒して踏み台にしてきた。そして彼が思っている「世界で一番偉大な人物」になったのだ。周りは小学生ぐらいの頭脳しか持っていないと思っているから、しゃべる言葉も小学生レベルだ。あんなレベルの内容なら日本の小学生で言える子がいくらでもいる。

イギリスのメイ首相は彼にすり寄るしかないだろう。「鬼畜米英」が復活するかもしれない。

安倍さんはその辺に気を付けて彼と渡り合ってくれるだろうか?もし「すり寄る」ようなことになったら、完全に手先にされてしまう。

選挙の時以上に傲慢になっている。この調子ならどこかの国、首脳を罵倒し始めることは間違いない。そのときに「罵倒」だけなら相手しなければいいのだが、彼は世界で一番強力な武器を持っている。

戦争になるか、外交しなくなるかの二者択一だ。

彼の子分になるか、滅ぼされるべき敵になるかの二者択一だ。

彼を選んだアメリカ人は深層心理で「アメリカなんかぶっ壊れちまえ」と思っていたのだろう。「人類なんか滅びちまえ」と思っていたのだろう。それが200年以上も個人が銃をもてあそんできたアメリカ人の本音だったのだ。

そうでなければ、人類の遺伝子に仕込まれていた「地球のためのアポトーシス」のスイッチが入ったのだ。

思ったより低能みたいだ

トランプ大統領の就任演説があった。

言っていることは1年前の選挙活動開始のころから全く変わらず、あれ以上は何も考える能力がないようだ。

どうやら、石原都知事のように週に2日ほど顔出して、あとはトランプグループに金を流していればいいわ、と思っていた可能性が高い。

外国の要人と会うのに娘の付き添いが必要なレベルだから。

この調子でいけば、鳩山、菅直人のように、外国からは相手にされず、野田佳彦のように、仕事は何もせず、じっと批判に耐えているだけということになる可能性がある。

世界征服でも企んでいるのではないかと思っていたので、ちょっとホッとした。

ただ、米露同盟だけは警戒しておかなければならないだろう。それはイコール「世界分割統治」なのだから。

そしてあまりに追い詰められて、独裁者にならないようにしなければ。安倍さんもご機嫌伺はほどほどにしておかないと。

英日中 Trump inauguration speech in full

www.aljazeera.com

www3.nhk.or.jp

www.voachinese.com

だれも言わないトランプ政権チェックポイント

トランプ政権が発足して、日本では「TPP離脱」が大きく報道されている。
しかし、そんなことは対立候補が当選した場合でも起こったはずのことであり、放っておくしかない。

私が考える問題は3つあって、今すぐにでもトランプがツイッターでつぶやけばできるようなことなのだ。

(1)CNNに業務停止命令を出すか?
まずCNNを血祭りにあげておけば、マスコミはこぞって彼の味方に付くだろう。そうすればベッドの中からツイッターだけで世界中を操れると考えているに違いない。

それはまた、言論弾圧、人種差別にもつながっていくだろう。政権が目指す方向に転がり始めるスタートポイントになるはずだ。

(2)韓国を併合するか?
やるとすれば近いうちにやるはずだ。新しい大統領が決まってからでは難しくなるかもしれない。(北朝鮮のほうにすり寄っていくから)

日本にとってはある意味願ってもないことかもしれないが、それにつられて完全に「アメリカの子分」にされてしまわないよう気を付けなければならない。

(3)米露同盟を結ぶか?
プーチンと手を組めば、世界中を思うがままに操れる。彼が目指しているのはそこなので、かなり可能性が高いと思う。場合によっては習近平とも取引して引きずり込むかもしれない。

習近平が入らない場合は、意外や意外、ダボス会議で言ったような「グローバリズム」、「大国の横暴の阻止」の救世主的な立場に中国がなってしまう。

その次は「United Nations(連合国)」が「世界の陣取り合戦機構」と化す。それはまだそれは明るいシナリオかもしれない。そうでない場合は、悲しい結末が待っているのは言うまでもない。

未明に目が覚めたトランプは「〇〇に核爆弾をお見舞いする」とツイートするかもしれないから。

だれも言わないトランプ政権チェックポイント

トランプ政権が発足して、日本では「TPP離脱」が大きく報道されている。
しかし、そんなことは対立候補が当選した場合でも起こったはずのことであり、放っておくしかない。

私が考える問題は3つあって、今すぐにでもトランプがツイッターでつぶやけばできるようなことなのだ。

(1)CNNに業務停止命令を出すか?
まずCNNを血祭りにあげておけば、マスコミはこぞって彼の味方に付くだろう。そうすればベッドの中からツイッターだけで世界中を操れると考えているに違いない。

それはまた、言論弾圧、人種差別にもつながっていくだろう。政権が目指す方向に転がり始めるスタートポイントになるはずだ。

(2)韓国を併合するか?
やるとすれば近いうちにやるはずだ。新しい大統領が決まってからでは難しくなるかもしれない。(北朝鮮のほうにすり寄っていくから)

日本にとってはある意味願ってもないことかもしれないが、それにつられて完全に「アメリカの子分」にされてしまわないよう気を付けなければならない。

(3)米露同盟を結ぶか?
プーチンと手を組めば、世界中を思うがままに操れる。彼が目指しているのはそこなので、かなり可能性が高いと思う。場合によっては習近平とも取引して引きずり込むかもしれない。

習近平が入らない場合は、意外や意外、ダボス会議で言ったような「グローバリズム」、「大国の横暴の阻止」の救世主的な立場に中国がなってしまう。

その次は「United Nations(連合国)」が「世界の陣取り合戦機構」と化す。それはまだそれは明るいシナリオかもしれない。そうでない場合は、悲しい結末が待っているのは言うまでもない。

未明に目が覚めたトランプは「〇〇に核爆弾をお見舞いする」とツイートするかもしれないから。

小学生並み

トランプは演説原稿を専門家に書いてもらって、何度も練習していると、日本のマスコミが「好意的」に伝えていた。

小学校の学芸会かいっ!

練習せなあかんっちゅうことは、「心にもないこと」をつらつらとお述べになるっちゅうことちゃうんかいっ!

彼ほど裏が透けてよく見える人間もおらんなぁ。

プーチンと手を組んで「世界侵略」に乗り出そうという魂胆だろう。
取引内容次第ではそれに中国も加わるだろう。

それにしても、習近平に「自由貿易」とか「グローバリズム」とか言われるなんて、すでにトランプより習近平のほうが立派なstatesmanに見えている。

「民主主義」の行き着く先がはっきりしてきて、「中国特色社会主義」のほうが優秀だったと証明された形になっている。

2つの独裁大国によく似た国がもう1つできることになるのだろう。

現時点ではキタのおデブちゃんよりレベルが低いのがまるわかりなんですけど。

人類なんて偉そうなこと言ってるけど、サル山のサルと変わらんっちゅうこっちゃな。

アメリカは明日から韓国みたいになるのか、はたまたナチスドイツみたいになるのか、そのどっちかしか頭の悪い私には予想できない。

小学生並み

トランプは演説原稿を専門家に書いてもらって、何度も練習していると、日本のマスコミが「好意的」に伝えていた。

小学校の学芸会かいっ!

練習せなあかんっちゅうことは、「心にもないこと」をつらつらとお述べになるっちゅうことちゃうんかいっ!

彼ほど裏が透けてよく見える人間もおらんなぁ。

プーチンと手を組んで「世界侵略」に乗り出そうという魂胆だろう。
取引内容次第ではそれに中国も加わるだろう。

それにしても、習近平に「自由貿易」とか「グローバリズム」とか言われるなんて、すでにトランプより習近平のほうが立派なstatesmanに見えている。

「民主主義」の行き着く先がはっきりしてきて、「中国特色社会主義」のほうが優秀だったと証明された形になっている。

2つの独裁大国によく似た国がもう1つできることになるのだろう。

現時点ではキタのおデブちゃんよりレベルが低いのがまるわかりなんですけど。

人類なんて偉そうなこと言ってるけど、サル山のサルと変わらんっちゅうこっちゃな。

アメリカは明日から韓国みたいになるのか、はたまたナチスドイツみたいになるのか、そのどっちかしか頭の悪い私には予想できない。