読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The King Has Donkey Ears

從心底大喊真心話

ガムランのこと(その3)v

ガムランのCDは何枚か持っていた。買ってから20年ほどたった今から1年前ほどのことだった。
作業中に聞いていた「Legong Keraton Lasem」という曲になぜかひどく感動した。
1991年ぐらいの録音だったと思うが、まさにこの楽団のこの曲だった。


Bali Arts Festival 2013, "Legong Lasem" by Gunung Jati (Teges, Peliatan-Ubud)

 

バリ/グヌン・ジャティのスマル・プグリンガン

バリ/グヌン・ジャティのスマル・プグリンガン

 

 踊りはまだいたいけな少女たちによるものだが、古来、幼い女の子が、王様の寝室で踊るものだったらしい。

それからふと思い立って、YouTubeで探してみると、この動画より前に、いちばん初めに行き当たったのはこの動画だった。


[BALI] Legong Lasem (Tirta Sari) vol.1 [GAMELAN]

 

こんな踊りがあるとは全く知らず、純粋に音楽だけで感動していたのだが、
踊りがとても素晴らしいし、とても美しい少女だった。
いろいろ調べているうちに、彼女は「ビダニ」という名前だと知った。

村では人気者だったのだろう、と思っていると、実は姉のユリアティと共に、バリ島、いや世界中に名前の知られたダンサーだった。

期せずして、最初に目にしたのが「最高傑作」だったということもあり、それから私のネットでの「バリ島の旅」が始まった。