風の中の塵と消える

The answer is not anywhere, even in the wind.

ガムランのこと(その4)

私にとって今年最大のニュースはこの動画だった。

引退して、小児科医になり、3年ぐらい前に結婚したというビダニが、
舞台に登場したのだ。それも姉のユリアティと一緒に。

World Famous Sistersの復活だった。

Gunung Sariでも特別の日だっただろう。
いつもはGong Kebyar編成なのに、この演目のためにグンデルが2台加わっている。

ユリアティ師匠にしても、最近はGunung Sari専門の出演のようだから、
この演目に慣れているとは思えない。
二人の振りが合わない部分は、ブランクのあったビダニのミスとは限らない。

最後に楽団の人が笑い合っているのは、
慣れない演奏を無事終えてホッとしたのだろう。

おそらく撮影者のJuru Tandakさんのものと思われるが、
動画の最後に大きなため息が聞こえる。
その気持ち、よぉ~~~くわかります。

きっと、舞台でビダニの姿が見られるのはこれが本当に最後になるだろう。
20年ほどにもわたるキャリアからくるプライドが、
このレベルの踊りで満たされるとは思われない。
そうかと言って、医療を投げ出すはずもない。

それに、歳はまだ31歳のはずなのに、
猫背が目立つようになってしまった。

昔の動画でチョンドン役で、座って、手を合わせて、
周りに「ハートマーク」でも飛ばすような仕草が持ち味だったが、
きっと病気の子供にも、客席のお客さんにも
愛情を振りまきすぎて枯れ始めているのだ。

まだまだ彼女の輝かしい人生はこれから。
どちらにしても、今後の活躍を遠い空の下から祈るばかりだ。


2016-10-08 GunungSari | PuriPliatan | LegongKuntir (Yuliati-Bidani) ***HD1080p ++