風の中の塵と消える

The answer is not anywhere, even in the wind.

スズキミノルノナミダ

彼が中央に座って記者会見を行っているのを見て、

どんなふうに話すのかと興味津々だったが、

こんなことになるとは思わなかった。


2017年9月4日 TAKAYAMANIA実行委員会記者会見

「世界一性格の悪い男」とテレ朝のアナウンサーはいつも呼んでいるけれど、

もひとつ売れない選手集団を率いて苦労も多いだろうし、

昨年末にはノアを追い出されたばかりだ。

ノアでの試合後のコメント動画を見ていたが、

言っていることはまさに「性格が悪い」ことばかりだが、

目つきは何か別のことを考えているようだった。

 

今回、こんな姿になって、

今後リングの上でどのような路線を進むのかはわからないが、

彼をこんなふうに変えてしまったのは、

その裏に高山選手のもっと悲惨な姿があったからだ。

 

プロレスラーは長年、からだを酷使して、

知らないうちに「あとちょっとで壊れる」状態になっているのかもしれない。

 

三沢社長とかハヤブサ選手とか、そして高山選手も、

同じ(と言っては私のは軽傷すぎて気が引けるが)頚髄損傷者として、

文字通り首筋が寒い思いがした。

www.ddtpro.com